人口動態

Hans Wiedl/dpa
人口動態に関しては、3つの傾向が認めら れ る 。出 生 率 の 低 下 、平 均 寿 命 の 伸 び 、そ して社会の高齢化である。

人口動態に関しては、3つの傾向が認められる。出生率の低下、平均寿命の伸び、そして社会の高齢化である。ドイツが最高の出生率を記録したのは1964年で、この年、新生児は136万人であった。以来、ドイツの出生は減少している2016年は新生児の数が5年連続で上昇し、出生数が女性一人当たり1.59人となりヨーロッパにおける平均的な水準となった。それにもかかわらず、子供の世代の人口が親の世代の人口よりも約3分の1少ない状態が35年間続いていることになる。50のグループは今日、新生児世代の2倍である。同時に、平均寿命は伸びており、男性で平均78歳、女性で83歳である。

少子高齢化は、経済発展と社会保障制度に重大な影響をもたらす。これを押しとどめるのが、ドイツ国内への移住である。ドイツで暮らす人々のうち22%(1,840万人)が 移住を背景としている。そのうちの半数以上はドイツ国籍をもつ。4つの少数派は「古くからの定住者」と認められ、特別な保護と支援 を 受 け てい る 。少 数 デ ンマー ク人(50,000人)、北ドイツのフリース人グル ープ(60,000)、ドイツ・ポーランド国境地帯のラウジッツのソルブ人(60,000人)、それにドイツのシンティとロマ(70,000人)である。

Related content