グローバル

気候研究

国連気候委員会IPCC(気候変動に関する政府間パネル)では80カ国の800人の研究者が活動している。2015年春には、専門家グループがIPCC第5次評価報告書の統合報告書を公表した。それによると、気候変動の主要因は温室効果ガスの排出であり、地球温暖化を2度にまで抑えるためには大胆な行動が必要である、とされている。