OECD経済見通し

経済協力開発機構(OECD)は年に2回、経済見通しを発表し、34のOECD加盟国や中進国における今後2年間にわたる経済の動向や展望を分析している。総合評価では、世界経済の成長は2018年に3.5%成長すると見込まれ、2010年以来の高い水準となる。2019年は再び緩まると考えられている。勢いを増すものの、危機以前の時代と比べれば依然として控え目であるとされている。