グローバル

アンチドーピング運動

1999年、世界アンチドーピング機構(WADA)が設立され、あらゆる関係者はドーピングに対する非寛容方針を表明した。これにともない全世界で通用する統一的な規則の必要が生じた。その為、2003年、世界アンチドーピング規程(WADC)が初めて発効し、2015年に更新された。2021年1月1日には新規定が発効する予定。