可能性を秘めた部門

文化・創造経済は伝統的な経済分野と、新しいテクノロジーと、現代のさまざまな情報通信形態を結び合わせる。ドイツでは文化・創造経済を12の部分領域に分けている:音楽経済、書籍市場、美術市場、映画経済、放送、舞台芸術、建築、デザイン、新聞雑誌市場、広告市場、ソフトウェア/ゲーム、その他。

ソース: 
BMWI/destatis
ソース: 
Börsenverein des Deutschen Buchhandels
ソース: 
BMWI/Statistisches Bundesamt